12月 15

夕暮れ出会い系サイトを利用する場合には、危険な悪質サイトを警戒する必要があるということはだれもが感じていることでしょう。サイトを選ぶときに注意して安全なサイトを選ぶようにしているわけです。
しかし、それでも危険はあるわけです。金銭的な被害にあうことがない様にと警戒していた場合、他の危険を忘れてしまうということもありますからね。
たとえば個人情報を狙われたような場合には無防備だということもあるわけです。
出会い系サイトに登録する場合、メールアドレスは必ず必要になります。ですから、そこで登録を拒むという人はいないでしょう。しかし、メールアドレスも立派な個人情報なのです。登録したサイトが悪質サイトだった場合、その個人情報は奪われることになるのです。
同様に、もし他にも登録しなくては利用できないという場合には個人情報を書き込むかもしれません。それはとても危険なことなのです。確実に安全だとわかっているサイトでなければ、個人情報を書き込むなんて事は止めておくことです。
メールアドレスも基本的にはサブアドレスを使ってもしものときに備えるべきです。
安易に個人情報を教えることがない様に警戒を緩めてはいけないのです。登録のためだとしても、必要以上に書き込む項目が多いと思ったら止めておくことです。


12月 15

河川敷恋活をしていて、SNSで恋活パーティーが企画される度に参加していた、恋活時代が、私にもありました。
今思うと、その時期とは、いろいろな人と会うことができて、とても勉強になった時期です。
いろいろな人とお話しする機会が多く、勉強になったのと同時に、いろいろな人とお話しするなかで、気付かされることや、自分を見つめ直すことができたように思います。
自分の身近な人とだけ話していると、相手は自分のことをすでにある程度わかってくれていますから、とても居心地が良いものです。
価値観の近い人が、自然と集まるといいますから、自分の考えに共感してくれて、物事を相談するのも楽だと思います。
しかし、恋活中に出会う人は、ほとんどが初対面の異性です。
身近な人と話しているときのような、気楽さはなく、相手のことを知るために、探検しているような気持ちになります。
考え方も、価値観も違う相手とうまくコミュニケーションをとるということは、難しいことです。
ただし、いろいろな人と接するなかで、自然と身に付いてくるものだと思いますよ。


12月 15

昼間積極的と言えば聞こえが良いわけですが、出会い系サイトでは積極的だと思っていることが、相手には焦っているとかガツガツしているといったようにマイナスポイントとして受け取られてしまうという危険性があります。
出会いを手に入れるためには積極的な行動が大事なことだと思ったとしても、実際に行動を起こす前に冷静になることが必要な場合もあるわけです。しかし、一般的に女性が男性の行動の中で焦っていると感じるものは決まっていますから、少なくともその定番的な失敗はしないようにすることです。
メール交換を始めてすぐに会いたいと言い出すと言うのは、確実に焦っていると思われるでしょう。焦っていると思われるのはまだ好意的です。危険人物として警戒されてしまうということになると、目的を達成するどころかメール交換にも危険信号がともります。
写メの交換や直アド・携帯番号といった個人情報の交換もメール交換をして間もないということになれば、焦っていると思われるでしょう。しかも、これらの交換ものに関しては、タイミングに関係なく否定的な女性も多いのです。交換をしつこく迫ると焦っているというだけでなく、面倒な相手だとかウザイというような印象をもたれてしまうかもしれません。


最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報